脱毛にはサロンとクリニックの2つがある!あなたに合っているのはどっち

サロンでの脱毛について


脱毛は男女関わらず行われている医療行為です。その種類には、ニードル脱毛やフラッシュ脱毛、医療レーザー脱毛、ワックス脱毛などがあります。サロンで行う脱毛とクリニックで行う脱毛の違いは、施術で使用する機械のエネルギーの強弱です。サロンではエネルギーが弱い、主に光脱毛を行います。そのため、完全に毛根を破壊できるわけではなく一時的に発毛を抑制するに過ぎないのです。毛根を破壊する行為はクリニックなどの医療機関以外が行うことは法律で禁止されていますのでエネルギーの弱い機械での脱毛しかできません。サロンで脱毛を行う場合、永久脱毛ではなくいずれはまた生えてきますので繰り返し通わなければならずその分施術料金もかかってしまうことになります。

クリニックでの脱毛について


一方で、クリニックで行う脱毛ではエネルギーが強い、主にレーザー脱毛を行います。そのため、毛根を完全に破壊することができます。サロンで行われる光脱毛に比べエネルギーが大きいことや広い範囲に照射できることから、スピーディーに処理をすることができるのです。しかし、エネルギーが大きいことから脱毛を行う人の中には痛さを感じる人がいます。それほど痛くないと感じる人も中にはいますので、個人個人で感じ方は異なります。このように、クリニックで行う脱毛では永久脱毛を目指しますのでサロンのように毛が生えては繰り返し通う、という行為は必要ありません。しかしその分、施術料金がサロンでの施術に比べて高いです。サロンとクリニックではそれぞれメリットとデメリットがありますので、脱毛を希望する人はしっかりとそれぞれの違いを把握する必要があります。